セーラー万年筆ロボット事業部

社員インタビュー

多業種に関われ、広がる視野
チャレンジできる環境が自身を高めてくれる

製造部 機械設計課/N.M.(2012年入社)

任せてもらえる環境で、経験を積んでいきたい

学生時代に学んだ分野は機械材料のシミュレーションで、その知識を活かせる仕事として機械設計に興味を持つようになりました。セーラー万年筆で働くようになり、この職場を選んでよかったと感じるのは、一台の装置すべての設計を、一人の設計者に任せてもらえる点です。責任を感じますが、自身の設計したものが形になっていく過程を実感でき、それが大きなやりがいになっています。

また当社の仕事は、食品・自動車・医療等、様々な業界と関わるので視野が広がります。好奇心が旺盛な方にとっては、とても楽しめる環境ではないでしょうか。

先輩方はみな知識が豊富で、困ったときによく助けていただいています。自分にはとても解決できなかったトラブルも、豊富なアイデアで切り抜けてしまう。アドバイスの内容や対処の仕方に、「そんな解決策があったのか」と目から鱗が落ちることも少なくありません。感心してばかりではなく、私も経験を積んで早く追いつきたいですね。

付加価値の追求で、顧客に感動を、自身に成長を

いまの主な仕事内容は、二次元CADを用いた「射出成形品取出機」の設計です。セーラー万年筆の取出機は、注文をいただいてから、ご要望の仕様に合わせて一台ずつ製作しており、一つひとつ個別に設計しなければなりません。当社の主力製品であり、品質への期待も高いので信頼に応えるためにも気は抜けませんが、その分完成した瞬間は達成感もひとしおですよ。

私が働くうえで大切にしているのは、言われた仕様を満たすだけではなく、常にプラスアルファを加えること。付加価値を生むことでお客様の期待を超え、感動を得られます。そしてそれが自身の知識・技能の向上につながっていると感じます。

また自身が挑戦したいことについて、はっきりと意思表示するよう心がけています。セーラー万年筆は、希望を伝えればチャンスを与えてくれる会社です。意欲がある方にとってはとてもやりがいを感じられる職場ですよ。

一日のスケジュール

8:30
出社したらまずメールチェック。その日に行うタスクを整理し、優先順位をつける。
10:00
製造課員との打ち合わせ。設計意図をていねいに伝え、意見を交換する。
12:00
昼食休憩。同僚との雑談でリフレッシュして、午後の業務に備える。
14:00
黙々と設計作業。一人に与えられる裁量が大きい分、大きなやりがいに。
16:00
製造課員、営業職と打ち合せ。お客様の要望を的確に把握するため耳を傾ける。
17:00
機械設計課のミーティング。参考になるアイデアを聞き逃さないようメモ。
17:20
一日の業務内容について報告を済ませ、この日の業務は終了。退社。