セーラー万年筆ロボット事業部

Q&A

セーラーロボットについてのよくあるご質問です。

Q

取出機の見積にはどんな情報が必要ですか?

A

成形機の大きさ(可能であればメーカーと型式)、金型のタイプ(2プレート/3プレート)などが分かりますと、本体のお見積が可能です。
チャックの製作や、ゲートカットの有無等の詳細につきましてはご相談下さい。

Q

サイドエントリー等の特殊な取出機も作れますか?

A

セーラーでは、大型のサイドエントリー機等、特注の取出機も製作しています。過去の事例も数多くございますので、ご相談下さい。

Q

セーラーの装置は壊れないというのは本当ですか?

A

機械ですので、長い間全く壊れないわけではございません。
ですが、機械的強度の高さ、組立の正確さ・精密さ、これらに依存する製品使用年数の長さでは群を抜いています。

Q

他のメーカーのロボットとどこが違うのですか?

A

剛性、スピード、精度などで優れています。特に、駆動方式にはラック&ピニオンを採用しており非常に耐久性の高いロボットです。また、走行部は「厚肉剛管フレーム」、走行部は「両側支持構造」を採用しており、ハイサイクル成形での取り出し、及び二次装置への受け渡しでもチャックのブレが無く、チョコ停による生産ロスの無い安定した稼働が可能です。

Q

駆動方式にラック&ピニオンを採用しているのはなぜですか?

A

タイミングベルトはどうしても伸び、切断などの問題が発生しますが、弊社が使用しているラック&ピニオン方式は耐久性に優れるともに、発塵の少なさからクリーン対応にも適しているためです。

Q

こんな成形品でも取り出しできますか?

A

例えば、吸盤もメカチャックも困難な精密成型品では、ブロアー方式による製品チャックを製作する等、数万件の実績を持つ経験豊富な技術スタッフが個々の製品に応じたチャックを設計しますので、取出機を十分に活用していただけます。

Q

竪型成形機やブロー成形機用の取出機はありますか?

A

標準機としてラインアップしておりませんが、目的に応じた取出機をオーダーメイドで設計製作しています。豊富な実績の中からニーズに合わせた様々な提案が可能です。

Q

プラスチック成型と無関係な装置の相談も受けてもらえますか?

A

プラスチック成型業界の自動化を扱うことが多いですが、ある範囲では、種々の実績を持っております。ご相談下さい。