セーラー万年筆 |公式ウェブサイト > 万年筆の基礎知識 > インクの補充とお手入れ方法を知ろう

万年筆の基礎知識

インクの補充とお手入れ方法

インクの補充方法とお手入れ方法を動画で説明しております。ぜひご覧ください!

インクの補充方法

インク吸入器コンバーターをご使用の場合

  • STEP1

    本体とペン先部分を離します。

  • STEP2

    コンバーターをしっかり差し込みます。

  • STEP3

    コンバーターのノブを左に回してピストンを下げてください。

  • STEP4

    ペン先をインクボトルに入れます。
    (ペン先のハート穴までインクが浸るように入れてください)

  • STEP5

    ノブをゆっくりと右に回しながらインクを吸入してください。

  • STEP6

    ペン先の回りについた余分なインクは軟らかい布でふき取ってから使用してください。

  • completion

    完了。

カートリッジインクをご使用の場合

正しく差し込む事が大切です。まずカートリッジの差し込む向きを間違えないようにしてください。

次にカートリッジの先端に穴が開くようにまっ直ぐしっかり押し込んで抜けないようにしてから、ペン先を軟らかい布でくるんで、軽く振るか、カートリッジの中央部を軽く押すなどしてインクをペン先になじませると、スムーズに書き出すことが出来ます。

インクの入れ替え (色を替えるなどインクの入れ替えをしたいとき)

インクの入れ替え (色を替えるなどインクの入れ替えをしたいとき)
カートリッジを取り外し、ペン先・ペン芯を洗浄してインクを取り除いてから、新しいカートリッジを装着してください。洗浄方法は下記の「万年筆のお手入れ方法」をご参照ください。
吸入式・コンバーター式の場合
胴とペン先・ペン芯のインクを吐き出させて、さらに良く洗浄してから新しいインクを吸入してください。こちらも下記の「万年筆のお手入れ方法」をご参照ください。

いずれの場合も残っているインクと新しいインクが混ざらないようにする事が大切です。

こうして万年筆は正しくインクを入れ替えてしばらく使い込むと、使う人の手に馴染み、その人の個性が表れる筆記具となります。

万年筆のお手入れ方法

万年筆が書けないときは、まず確認してください。 インクが入っていますか?長い時間使わずにいませんでしたか? あたりまえのことですが、書けないのはインクが入っていない、あるいはインクが出ないからです。 いったんインクを入れたペンが書けないときは、水分が蒸発してペン芯・ペン先などにインクの成分が詰まっていることがほとんどです。 掃除をしましょう。

カートリッジ式・コンバータ式の場合
■カートリッジ又は、コンバーターを抜いて、ペン先とペン先の付いた部分(大先)を、そのまま水を入れたコップの中に1晩浸けたままにしておきます。
■そのあと水で余分なインクを洗い流してください。(ペン先のインクの付着状況次第では、水で洗い流すだけでも十分です)
■最後にきれいな軟らかい布で水分をふき取ってください。
吸入式の場合
■コップと軟らかい布、そしてきれいな水を用意します。水の中にペン先全体を入れて、何回か水を吸い込ませたり、吐き出させたりして万年筆の内部をきれいになるまで繰り返し洗ってください。
■最後に軟らかい布で水分をふき取ってください。

※透明軸やスケルトンカラー軸の場合、大先の中に色(インク)が付く事がありますので、浸け洗いはお避けいただき、ペン先部分のみを水で洗い流してください。

万年筆の保管方法

しばらく使う予定の無いときは必ずインクを抜いて、上記の要領で洗浄して水分を完全にふき取ってから大切に保管してください。こうしておくことにより胴やペン先・ペン芯などがきれいに保たれれば、次に使用するとき、万年筆はあなたの期待にまた応えてくれるはずです。