新商品情報

■新商品プレスリリース >>

商品ラインナップ

      
ピックアップ情報
  • STORiA
  • 就活ボールペン
  • ホーム
  • 文具
  • ロボット機器
  • IR情報
  • 会社概要
  • 万年筆の基礎知識
  • セーラーの歴史
  • セーラーの品質と技術を継承する、職人たち。
  

セーラー万年筆の歴史

セーラー万年筆105年の歩み

創業当時の呉市稲荷町工場(中央のハンチング帽の男性が阪田久五郎・当時28歳)
創業当時のペン工場
(手動式ペンローラー)

当時はまだモーターがないので
手廻しだった。

創業当時の金ペン工場
ルーペを覗く工員たち。

呉市浜田町工場万年筆軸部(右端の機械が当時新鋭を誇ったエボナイト軸模様入れ機)
呉市浜田町工場全景図と阪田久五郎所主
天皇陛下(当時 摂政宮)民間産業奨励のため、呉市浜田町工場をご訪問。親しくご視察された。
この栄誉を機に5月27日を創立記念日と定める。
写真は正門前において勢揃いしたお出迎えの工場幹部。

株式会社組織とし、社名を「株式会社セーラー万年筆阪田製作所」とする。
第20回 全国中等学校野球大会のアドバルーン(甲子園球場)
この大会では広島県・呉港中学(現・呉港高校)が優勝を飾った。
昭和初期の店頭ディスプレイ
昭和7年の目録(カタログ)

広島県安芸郡大屋村(現・呉市天応町)に工場建設開始(万年筆のセルロイド軸と軍需品の製造から着手)
戦時中の工場内部
呉市浜田町および岩方通の2工場、戦災により焼失。
終戦と同時に残存の天応工場にて再建に着手。
終戦直後の工場内部

2月9日 業界のトップを切り、国産初のボールペンとして発売された「セーラー・ボール・ポイント・ペン」。当時の価格で300円。都内の百貨店で用意した500本が瞬く間に完売。「ボールペン・ブーム」の火付け役となる。
プラスチック射出成型機から量産された日本で最初の万年筆。当時の価格で250円。これを境に日本の万年筆は量産体制時代に入る。

社名を「セーラー万年筆株式会社」(英訳名:THE SAILOR PEN CO.,LTD.)に変更
ミニ型万年筆「セーラーミニ」発売。
空前のバカンスブームに乗り、軽装に
合わせ「ワイシャツの胸ポケットにも
収納しやすい万年筆」で人気を博す。

21金ペンを発売。現在もなお、21金ペン先にこだわって製造を続けている。
ロボットマシン(射出成型品自動取出し装置)の製造販売を開始。
写真は八王子工場。
業界初の「ふでペン」発売。定価:100円。翌年の年賀状シーズンには300万本を完売。

「キャンディ万年筆」発売。定価:600円。8色のボディカラーと10色のインクが女子中高生を中心に人気を博し’81年(昭和56)末には累計1,500万本を達成する大ヒットとなる。
「キャンディ万年筆」大ヒットの様子を伝える新聞記事。[’79年5月9日付 日経産業新聞]
※「キャンディ万年筆」は2011年5月、創立100周年記念商品『クリアーキャンディ万年筆』として復刻。
「プロフィット万年筆」発売。
現在もなお人気が高く30年以上にわたるロングセラーを誇り、
セーラーの代表ブランドとなる。

「ペンクリニック」を本格的に開始。「修正字消しペン」累計1,000万本突破する大ヒット
「プロフェッショナルギア万年筆」発売。「プロフィット」に次ぐ第2のブランドとなる。(写真左)
プロフィットシリーズの最高峰「キングプロフィット」発売(写真右)
インク工房を開始。
「有田焼万年筆 古伊万里蘭菊」(香蘭社製)がG8北海道洞爺湖サミットの記念品として内閣総理大臣から各国首脳に贈呈される。

創立100周年。記念万年筆として「クリアーキャンディ」「島桑」「有田焼-染付桐鳳凰- 文具セット」を発売。
「プロフェッショナルギアΣシリーズ」「プロムナード万年筆」発売
「STORiA(ストーリア)顔料ボトルインク」が「第24回日本文具大賞デザイン部門 優秀賞」に選出される。

  • 最新の商品は商品ラインアップページからご覧下さい
  • 主力商品はセーラーオンラインショップからご購入いただけます。