新商品情報

■新商品プレスリリース >>

商品ラインナップ

      
ピックアップ情報
  • ふで和みでご当地グルメを当てようキャンペーン
  • STORiA
  • G-FREE
  • 就活ボールペン
  • 窓ガラス用断熱塗料 スマートコートで明るい日陰
  • ホーム
  • 文具
  • ロボット機器
  • IR情報
  • 会社概要
  • 万年筆の基礎知識
  • セーラーの歴史
  • セーラーの品質と技術を継承する、職人たち。
  
セーラー万年筆 |公式ウェブサイト > セーラー万年筆の歴史

セーラー万年筆の歴史

はじめに

創業者・阪田久五郎の「ときめき」を原点に。

セーラー万年筆の歴史は創業者・阪田久五郎と万年筆との出会いから始まりました。

大正14年

呉市浜田町工場全景図と阪田久五郎所主

明治44年

創業当時のペン工場(手動式ペンローラー)

当時はまだモーターがないので手回しであった。

万年筆というものを生まれて初めて見た時の心のときめきは、言葉で言い表せないほどだった。

日露戦争後、友人が英国留学土産にくれた万年筆に激しい衝撃を受けた久五郎は、後に『万年筆というものを生まれて初めて見た時の心のときめきは、言葉で言い表せないほどだった。』と語っています。この出会いが原点となり、1911年(明治44)広島県呉市に阪田製作所を創業、万年筆に生涯を捧げることになりました。

創業当時は、軸だけを製造し、輸入されたペン先を取り付けて販売していました。その後、研究と試行錯誤を重ね、昭和4年頃には、ペン先が二つに割れた金ペンを完成。昭和23年には、プラスチック射出成型で量産する日本最初の万年筆を、さらに昭和33年には他社に先駆けカートリッジ万年筆を発売するなど、市場の最先端を常に切り拓いてきました。

この開拓者精神とチャレンジスピリットは、万年筆を始めとするステーショナリー全般を幅広く展開する今も変わりません。時代が進化しても、いつまでも創業者阪田久五郎の「ときめき」を原点に、セーラー万年筆は、文具マーケットの未来を創り続け、挑み続けます。

「セーラー」社名の由来

軍港都市・呉にあり、将来は自らの製品を船によって輸出し、海外に覇を唱えたいという念願と、ひとりの提督より多くの「水兵(セーラー)」が大切だという民主主義的思想を盛り込んで商標を「セーラー」と命名し、錨(いかり)に水兵がまたがっている図柄を作りました。

-「故 阪田久五郎翁略傳」(昭和36年)より

<当時のトレードマーク>

当社が開発した“国産初”

  • ■純国産金ペン万年筆
    ■純国産金ペン万年筆
    写真は大正9〜10年頃の万年筆。

    当時はまだプラスチックの成型技術がなかったため、軸にはエボナイトを使用している。

  • ■プラスチック射出成型機で量産された万年筆
    ■プラスチック射出成型機で量産された万年筆
    1949年(昭和24)

    当時の価格で250円。この時を境に日本の万年筆は量産体制時代に入る。

  • ■ボール・ポイント・ペン
    ■ボール・ポイント・ペン
    1948年(昭和23) 2月9日

    業界のトップを切り、国産初のボールペンとして発売された「セーラー・ボール・ポイント・ペン」。当時の価格で300円。都内の百貨店で用意した500本が瞬く間に売りつくされ、ブームの火付け役となった。

  • ■ふでペン
    ■ふでペン
    1972年(昭和47)

    当時の価格で100円。翌年の年賀状シーズンには300万本を完売する大ヒットとなる。生産が間に合わずテレビCMを中止した地区もあったほど。

  • 最新の商品は商品ラインアップページからご覧下さい
  • 主力商品はセーラーオンラインショップからご購入いただけます。